できるだけ賢くお得に自動車ローンを利用するためには

お急ぎの方はこちらから 三井住友銀行でローン契約

自動車を新たに購入する時、必要なお金を持ち合わせていない場合は自動車ローンを組む方法があります。

自動車ローンは車を購入したお店で入ることもできますが、自分で金融機関などを利用したローンを組むこともできます。

それぞれローンを組む場合の条件が異なるので、必ず確認するようにしましょう。

また、金利も違いますので、できるだけ利子の負担を少なくするためにも、低金利の自動車ローンを選ぶと良いでしょう。

自動車ローンも他のローンと同様に、返済期間が長くなればなるほど、利子も高くなります。

自動車を購入した後は、税金や車検、さらには自動車保険などさまざまな維持費がかかります。

自動車は新車の時はそれほど故障も少ないですし、中には修理サービスを利用できる場合もあります。

しかし、年数がたってくると、自動車自体の価値が下がってしまい、さらに故障もしやすくなってきます。

その為、長期間の自動車ローンだと、月々の返済の上、さらにメンテナンス費用が重くのしかかってきてしまいます。

自動車の場合は修理費用が見えない部分もあり、万が一に備えて余裕のある自動車のための費用を確保しておく必要があります。

もう安心!一人でも自動車ローンをどこで選ぶべきなのか一目瞭然!

自動車の購入をローンで返済しようと考えているが、色々な会社のローンを見ても決めきれず悩んでいませんか?各会社の金利によって払うお金に差が出てきます。

そこで、ローンの内容と注意点を紹介します!

ローンは金融機関、損害保険会社、信販会社で取り扱いが行われ、それぞれ金利やサービスが異なります。

特典として金利の割引などがあります。

金利には固定金利といい、元から金利が高めに設定さているが利率が変化しないもの、金利は低めに設定してあるが利率が変動する変動金利の2種類あります。

変動金利は経済状況により利率が上昇する可能性があるので、選ぶ場合は2、3年以内に返済するなど短期で済む場合に向いています。

固定金利は利率が変化しないので、支払い計画が立てやすい特徴があります。

注意点として、ローンはお金を借りるので必ず審査があり、通過しなければ借りられません。

また、金融機関では金利に保証料を含まずに表示している場合があり、見落とすと金利の高い会社を選ぶことになるので、細かくチェックする必要があります。

またローンの候補が決まれば、まず金融機関やディーラーのホームページにあるシミュレーションツールで、返済総額、利息総額を出すようにしましょう。

これにより、どこでローンを組むと良いのかわかりやすくなります。

車貧乏にならないためにも、自動車ローンを利用する時は、十分に考慮して選択するようにしたいものです。

自動車ローンの特徴と選ぶ際のポイントを紹介していきます

自動車ローンとは使途が自動車関連に制限されているローンのことを指します。

変動金利と固定金利の2種類あり、カードローンといった使途の制限のないローンと比較すると金利が低めに設定されているのが特徴です。

だから自動車を購入する際には自動車ローンを組むのがお得と言えます。

ちなみに自動車ローンは様々な種類があり、販売店でそのまま契約をすると手続きは簡単ですが金利が高く損をする場合があります。

金利数%の違いは自動車の場合金額が大きいので結果的に何万円も支払に差が出てくるので即決せずに他のローンと比較検討した上で決定するようにして下さい。

当然金利は低ければ低い程支払い金額が少なくて済みますが、金利のみで比較するのが危険です。

低金利時代の時にローンを組むと変動金利型の場合は将来的に金利が上昇するリスクがあるからです。

2年から3年と短期間で返済可能な時には変動金利もいいのですが、返済期間を5年以上の場合は固定金利型を選んだ方が安心と言えます。

また自動車ローンはディーラー、銀行、信用金庫、信販会社、損害保険会社、消費者金融などいろいろありますが金利が低めに設定している銀行系のローンなどは審査が厳しい場合が多いと言えます。

つまりいくらここがいいと選んでも審査に通らないとローンを組むことが出来ません。

その点を理解した上で複数の候補を選んでください。

コメントは受け付けていません。